真性包茎とはどんな状態なの?その特徴と問題点について

真性包茎とはどんな状態なの?その特徴と問題点について

男性には包茎という男性ならではの悩みがあり、最も深刻なのが真性包茎です。真性包茎は亀頭が包皮によって覆われ露出されない状態であり、衛生面でも良くありません。手術をしなければ改善されないことが特徴であり、問題点も多くあります。

 

|真性包茎とはどのような状態なのか

 

そもそも、真性包茎とはどのような状態なのでしょうか。まず、包茎ではない普通のペニスや症状の軽い仮性包茎のペニスは亀頭を露出させることが簡単です。仮性包茎であっても、亀頭を覆っている包皮を手で剥くことができるからです。

 

しかし、真性包茎ではそれができないのです。真性包茎では、亀頭が包皮によって完全に覆われている状態です。包茎を剥こうとしても先端の包皮輪と呼ばれる部分が狭窄しており、痛みを伴います。

 

|真性包茎の特徴について

 

真性包茎には特徴があります。まず、真性包茎であることは多くはないということです。包茎ではない男性も存在しますが、多くの男性は包茎だと言われています。

 

そして、そのほとんどは仮性包茎であり必ずしも手術を必要としません。しかし、真性包茎は手術でなければ改善されません。

 

包茎にはそれぞれ異なる症状が見られ、メスを入れる手術以外の方法もあります。しかし、真性包茎の改善のためには適切な処置を受けることが必須であり、それだけ深刻な問題と言えるでしょう。

 

|真性包茎であることの問題点について

 

真性包茎には様々な問題が起こり得ます。まず、亀頭が包皮に覆われているため不衛生になることです。亀頭部分に溜まった恥垢を綺麗に洗い落とすことができず、それにより悪臭は炎症が発生します。

 

また、亀頭が発達しないことによりペニスの短小や早漏なども見られます。セックスをしたとしても十分に感じることができず、性的な満足に至らないのです。そして何より、真性包茎が女性から好かれることはありません。

 

その状態でセックスをしても満足できず、最悪の場合はセックスそのものが困難となります。また、排尿時に痛むこともあり、日常生活に影響することも考えられます。

 

男性患者が真性包茎である場合、すぐに手術をすることが望ましいとされます。そのまま放置しておくと不衛生やセックスレスなど様々な問題が発生し、患っている男性にとって何一つ良いことはありません。今では包茎治療専門のクリニックの数も増え、男性患者が真性包茎を含め男性ならではの悩みを打ち明けやすい環境が整っていると言えます。