包茎 自力矯正 危険

包茎を自力矯正することにはどんな危険がありますか?

 

包茎の治療を専門医師に相談することをためらって、自力で矯正することを考えておられる方もいるかもしれません。自力矯正には危険はないのでしょうか?

 

一口に包茎と言っても、その症状にはいくつかの種類があります。その中でも真性包茎で亀頭と包皮が癒着している状態は、自力矯正することのできない危険な状態です。

 

もしも癒着ありの真性包茎の症状を持つ方が無理に自力矯正を試みた場合には、包皮が亀裂を生じる危険があり、間違いなく外科的な治療が必要になってしまいます。

 

癒着の無い包茎の症状の場合、自力で包皮を剥くことができるので自力矯正に成功する例もあります。しかし、包皮の間口が十分に広くない場合、包皮が亀頭の先端を圧迫するために血行障害を生じる場合もあります。

 

ですから自分で包茎だと考えて矯正を試みたとしても、必ずうまくいくとは限らないことを覚えておくべきでしょう。どうすれば包茎を自力矯正することに伴う危険を回避できるのでしょうか?

 

専門家によるカウンセリングなどを通して正しい知識を得て、自分のペニスの状態をしっかりと把握することが必要でしょう。